Skip to main content

金本さんも怒ってますと毎日新聞12/13/2012

Buy my work

毎日新聞12月13日。
金本さんのブログでも昨日見たけど毎日新聞でものっていた。
人の名前を使うなんて、選手にもひどいし、楽しみにしていた人にもひどい。。ていうか、他のホテルのイベントより安いしそこからしておかしい。安いとかただとかには気をつけろという感じか。。(-_-;;)
この団体ほんまにある団体みたいだけど、ファンならちゃんとしようよ。。
ちなみに新聞紙面には「アニキ」ではなく「金本さん」と書いています。
サブタイトルは「阪神に無断で有料催し」でした。

こちらは毎日新聞web版のコピペ。



プロ野球:アニキも怒ってます 阪神公認装い、偽の催し

毎日新聞 2012年12月13日 大阪朝刊
 プロ野球・阪神は12日、今季限りで引退した金本知憲さん(44)や球団所属選手が出演すると装った架空の有料パーティー開催が告知されているとして、注意を促す発表をした。また、「球団に刑事的な被害はないが、ロゴが無断で使用されるなど商標が侵害されている」と兵庫県警甲子園署に通報した。
 告知をしているのは「関西勝虎会」と名乗る団体。球場で応援する応援団は許可制だが、球団は団体を許可していない。パーティーは、来年1月6日に兵庫県姫路市の結婚式場で開催され、金本さんのほか、新井貴浩、新井良太、福原忍、俊介、上本博紀の5選手がサイン会や写真撮影会をするという内容。料金は大人1万5000円、子供が7000円と設定されている。
 球団は「当球団とは何ら関係ない。選手や金本氏の参加予定はない」と公式ホームページ(HP)で発表。金本さんは「存在しない話で、強く憤りを感じる。球団と警察に適切に動いてもらう」、新井貴選手は「自分の名前を利用されたことは遺憾」と球団を通じてコメントした。
 団体によると、募集は250人程度で、定員に達した。団体事務局は「球団のHPを見てパーティーは中止にした。申込者には既に連絡して、13日に返金手続きをする。会場も決め、人に間に入ってもらって選手も決まっていたのに、どうしてこうなったか分からない」と話している。【吉見裕都】

Comments

Popular posts from this blog

cinco de mayo 5/5/2014 Osaka シンコデマヨ

雨の中行ってきました。
cinco de mayo @ Tennoji park
シンコデマヨ









ume blossoms in my town 3.5.17

I went to see Ume flowers at the Chicatsu Asuka Museum.

近つ飛鳥博物館に梅見に行きました。























Frank Lloyd Wright フランク ロイド ライト

Here is my school essay regarding Frank Lloyd Wright.

Yodoko Guest House

There are fourteen building designs, which Frank Lloyd Wright has done in Japan. Six building were built, but two of them were destroyed by the 1923 Magnitude 7.9 Great Kanto earthquake (around Tokyo.)

Frank Lloyd Wright traveled outside of America for the first time, and went to Japan with his wife. There were 37 years old in the year, and he spent two months touring natural and historical landmarks from Nikko (North East of Tokyo) all the way down to (Shikoku island) Takamatsu.

He made a contract to build the new Imperial Hotel in Tokyo in late 1911. After a year of project delays and several trans-Pacific crossings, Wright finally took up part-time residence in Tokyo in January 1917. (Wrightian Architectural Archives Japan)

In 1918, Wright made a design plan for a second house for Tazaemon Yamamura who was the eighth-generation brewer of the famous sake “Sakuramasamurne,” in Nada (near Kobe.) It took a while …