Skip to main content

高知佐川町と須崎 8/12ー14

Buy my work

すぐにではないですが、いつか移住したいな〜、なんて考えていて、高知が合うかなぁ、今回2回目の高知への旅に行ってしまいました。
それと、せっかく夏なので、海も見たいし、ということで、須崎市の物件も見せてもらいに行きました。
佐川の駅の近くは歴史地区で綺麗に石畳がされてあり、最初に町の説明を簡単に?聞き、いろんな不思議なエリアに連れて行ってもらいました。
お昼はビザやき体験、そのあと、川辺でバーベキューをしながら川遊びをしてマッタリして地元の人と交流していました。バーベキューの後は、本物の手彫りのかき氷や、藁の上でのカツオのたたきをいただきました。人がいっぱいいたので、遠慮して1つしか撮らなかったのでちょっと後悔。笑
途中で、綺麗がために結婚できずに早くなくなったお姫様の伝説のある、お墓をお参りしたり、黒岩地区の名前の由来になった、黒い岩も見ました。
二日目は、羊岩と言われる奇妙な岩にナウマン象と舞台がある場所に行きました。
途中で、ナウマン象の博物館も通り過ぎました。途中に妙にリアルな案山子がおりました。
私は5月のツアーでも行ったところもあったのですが、それでも知らないこともしれたので、よかったと思います。もうちょっと住まいや仕事の話を聞けたら、と思いました。

そうそう、温泉水。が湧き出るところがあって、手を洗ったら、つるつるになったので、ペットボトルに入れて帰りました。直接は飲めないですが、お風呂とかハーブティーにいいそうですよ。

ところどころカメラが暑さでイかれて、ipadで撮ったので、抜けている部分もありますがご覧ください。













ピザ釜









リアルカツオのたたき



移住者のカメラマンさん




















































Comments

Popular posts from this blog

cinco de mayo 5/5/2014 Osaka シンコデマヨ

雨の中行ってきました。
cinco de mayo @ Tennoji park
シンコデマヨ









花見 @ 近つ飛鳥風土記の丘

初めての女性と、以前からの知り合いと3人で古墳で花見をしました。

一人都合で来れない人がいましたが、近所の商店街で作りたてのお弁当を当日の午前中に作ってもらい、(もちろん両親が家で食べる分も)
あったかいお弁当やお菓子や、他の人が持ってきてくれたお菓子や唐揚げを食べたり、いろいろしゃべったりして、楽しく過ごしました。

桜の花はほとんど散っていましたが、風が吹いて桜吹雪も見れて、人も少なく、いい感じでした。




Frank Lloyd Wright フランク ロイド ライト

Here is my school essay regarding Frank Lloyd Wright.

Yodoko Guest House

There are fourteen building designs, which Frank Lloyd Wright has done in Japan. Six building were built, but two of them were destroyed by the 1923 Magnitude 7.9 Great Kanto earthquake (around Tokyo.)

Frank Lloyd Wright traveled outside of America for the first time, and went to Japan with his wife. There were 37 years old in the year, and he spent two months touring natural and historical landmarks from Nikko (North East of Tokyo) all the way down to (Shikoku island) Takamatsu.

He made a contract to build the new Imperial Hotel in Tokyo in late 1911. After a year of project delays and several trans-Pacific crossings, Wright finally took up part-time residence in Tokyo in January 1917. (Wrightian Architectural Archives Japan)

In 1918, Wright made a design plan for a second house for Tazaemon Yamamura who was the eighth-generation brewer of the famous sake “Sakuramasamurne,” in Nada (near Kobe.) It took a while …