Skip to main content

いなか暮らしフェア


田舎暮らしフェアー
ブースによってもこちらから質問しないと教えてくれないとこもあれば、座ったらいきなり弾丸トークでいろいろ説明してくれるところも…
北部の方はいかなかったが四国や島根の人達は積極的な印象だった。

名刺を頂いた人もいますが自分の名刺忘れて渡せませんでした。

移住するしないにかかわらずアートのマルシェなどでいなかの人ともっと絡んでいきたいと思いました。

特に近畿圏 中国 四国地方はバスでも日帰りで行けるので行ってみたいですね。





Comments

Popular posts from this blog

cinco de mayo 5/5/2014 Osaka シンコデマヨ

雨の中行ってきました。
cinco de mayo @ Tennoji park
シンコデマヨ









花見 @ 近つ飛鳥風土記の丘

初めての女性と、以前からの知り合いと3人で古墳で花見をしました。

一人都合で来れない人がいましたが、近所の商店街で作りたてのお弁当を当日の午前中に作ってもらい、(もちろん両親が家で食べる分も)
あったかいお弁当やお菓子や、他の人が持ってきてくれたお菓子や唐揚げを食べたり、いろいろしゃべったりして、楽しく過ごしました。

桜の花はほとんど散っていましたが、風が吹いて桜吹雪も見れて、人も少なく、いい感じでした。




Frank Lloyd Wright フランク ロイド ライト

Here is my school essay regarding Frank Lloyd Wright.

Yodoko Guest House

There are fourteen building designs, which Frank Lloyd Wright has done in Japan. Six building were built, but two of them were destroyed by the 1923 Magnitude 7.9 Great Kanto earthquake (around Tokyo.)

Frank Lloyd Wright traveled outside of America for the first time, and went to Japan with his wife. There were 37 years old in the year, and he spent two months touring natural and historical landmarks from Nikko (North East of Tokyo) all the way down to (Shikoku island) Takamatsu.

He made a contract to build the new Imperial Hotel in Tokyo in late 1911. After a year of project delays and several trans-Pacific crossings, Wright finally took up part-time residence in Tokyo in January 1917. (Wrightian Architectural Archives Japan)

In 1918, Wright made a design plan for a second house for Tazaemon Yamamura who was the eighth-generation brewer of the famous sake “Sakuramasamurne,” in Nada (near Kobe.) It took a while …