Nov 8, 2015

11/8/15 Korean town fes コリアンタウン祭り

Buy my work


11/8/15
Korean town fes
雨の中コリアンタウンへ。。
雨で荷物があったのであまり写真を撮る気になれず。。
Tougen Kim さんの展示を見る。横幅の広めのサイズ感。
水彩とグアシ(ガッシュ)?の使い方勉強になる。。
ポストカードをお土産に。。
公園で演奏をしていたが、毎度のごとく、雨でぬかるんでいたので遠目で少し見る。。KPOPの甘い歌声...

カフェギャルソンは混んでいて入れず。。
別のところで、焼肉きんぱ、チヂミ、鳥の唐揚げをゲット。。
帰りに少し鶴橋商店街を見て回る。。
幾つか興味のあるレストラン(カフェ?)を発見。。
今度行ってみよう。。
商店街の中のマグロのオブジェ(看板)がちょっと気になってパチリ。。
また面白看板や壁画を探しに行くのもいいかも。。(^_^)


コリアンタウン、疎開道路の入り口
信号が変わる前にパチリ
雨だったけど、意外と沢山の人が。。
特に女性。KPOP歌手が来てたからかな?笑


イラストレーターの金斗舷さんの展示を見に。。
京都の時は行けなかったので、楽しみだった。。
ここでも沢山の人が。。
後で気づいたら、商店街の中でもカレンダーを販売して、誘導していた。
鶴橋、生野の風景画を描いていると聞いて行ったが、思ったよりなく、
その代わり李朝の風習画がたくさんあった。
内容もいいが、せっかくのオリジナルなので、構図やサイズ感や画材の使い方について観察していた。直接聞けなかったが、自分では水彩とグアシを遠近で使い分けるといいと思った。
もちろん生野の風景画もいい感じだが、李朝の風景画の方が故郷に思いを馳せている気持ちが伝わってきて、グッと来てしまった。
海外に住んでいたので、海外にいたからこそ、故郷を思うという気持ち、共感できるが、全く違う事情でずっと故郷と離れている気持ち、言葉では言い表せない感じがある。。



FBで以前多く見ていた絵は洋風な絵だったり、日本の発展期の絵だったりしたが、今回李朝の絵を大事にされているのはそういう気持ちの変化があったのか。。。
うんうん、わかるわかる。。
と思って読んでいました。。


李朝の絵もたくさんありましたが、鶴橋、生野の絵だけ撮らせてもらいました。
著作権も気にして遠目から。。
解説が書いてあったが、もっと場所について知りたくなりました。
自分でもいいなと思っているスポットが描かれていてよかった。
最近水彩画描いていないですが、いろいろと参考になった。
作品によって、横長の構図、写真とは違い、情報量を多く入れれる構図でいいと思った。

なかなか寄れないが、気になる高坂書店。
駅の改札が付いているのが珍しい本屋さん。。
天王寺ミオも駅の改札が繋がっているが、本屋さんが直接つながっているところはあまりないんじゃないかな?笑

右 朝鮮初級学校と後ろに少し見える御幸の森小学校。
田舎の地元では学校が二つ並んで居る光景は見れないが、知り合いが話していた話を思い出して、少し複雑な気持ちにも。。
でもそれも含めてもいい構図だと思う。
校門から入ると1つの校舎しか見えないので。。
子供達が走り回っている姿がいい。。
時々学校を訪れた時、子供達こんな感じで純粋に走ってた!、と思って見ていた。
隣にいたお姉さまたちが、御幸の森小学校って朝鮮ー学校っていうのか。。
って言ってた。。
あれ?違うから。。
と突っ込もうとしたがやめた。。笑

帰り道の途中で、キムチギャラリーを確認。笑
あれ、店移動した?
商店街の中のターミネーターのキムチの店無くなったのかな?

絵の中に、コリアンタウンガイドのキムラーさんと知り合いの韓チョルスさんを見つけた!すみません、もうお一方お名前覚えてません。
絵を描くために町巡りしていた時の写真から描いたものなのかな?
いい意味で、似顔絵というのは似せて描くというのでは特徴をつかむのがいい、
というのが伝わってきて面白い。。w_w

お忙しそうなところ、一緒に写真を撮ってもらいました。。汗;


コリアンタウンのゲストハウスヒロさんに教えてもらった商店街に通じる近道から行くと今まで行っていた道よりは早く行ける。
大分覚えてきた。笑

帰りに少し鶴橋商店街の中をウロウロ。。
ちょっとこれを見て、路上観察者の気分が出てきた。。笑
今度はもっと商店街に埋もれて、へんてこ看板など探して歩こうかと思った。
トマソンの階段はあるかな?笑


No comments:

Post a Comment

Please write feedback on this site here. (^_^)
コメント感想よろしくお願いします。

rakuten travel, amazon instant

FB art page